Subscribe Favorite

家出少女をウチに泊めたことがある人っている?

一時期話題になった、出会い系の一種類で家出をした少女がホテルや漫画喫茶などで夜を明かすほどのお金もないとき、見知らぬ男性に泊めてもらう代わりにセックスをさせてあげる、というような神待ちという物がはやりましたね。
今でこそ、全盛期に比べるとやや下火気味になっているとは言え、出会いのジャンルとして確立していますが、実際の経験者はいるのでしょうか。

神待ちを利用したことがある人の体験

私は、実際に家出をした少女を家に泊めるという事をしたことがあるんですが、神待ちというのは援助とは厳密には結構違う物なんです。
援助の場合は、セックスの見返りに女性に数千円から数万円のお金を支払うというのが常識ですが、神待ちでは特に直接的な金銭のやり取りは必要がないんですね。
あくまで、男性側が提供するのは泊まるための場所とその日の食事程度でそれ以上のことを提供する必要はないのです。

神待ちを実際に利用したことがある側の注意点

神待ちのいいところは、若い女の子とほぼタダ同然でセックスをすることができるところですが、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、必ず相手が18歳以上であることを確認することです。
18歳未満の少女とセックスをした場合は、未成年保護条例違反として逮捕されますし、最悪の場合実刑がつきます。
つまり、前科者になりますのでその後の人生に大きなハンディを抱えて生きていくことになってしまうんですね。
特に、相手が18歳以上になっていない未成年だと知っている状態でセックスをした場合は、ほぼ間違いなく実刑がつきますので気をつけましょう。
知らずに、の場合も場合によっては書類送検などになることもありますので、年齢確認は怠ってはいけません。
※詳しくはこちら⇒家出少女が利用する神待ち掲示板サイトまとめ

神待ちの流れについて

神待ちの実際の流れは、まずは神待ち掲示板などを利用してそこから連絡を取り合う形になります。
最寄駅や近場の駅の範囲内で、神待ち募集をしている女の子に目を付けて、気に入った子がいれば書き込みをしているスレッドにメールフォームなどでメールを飛ばしたり、直接書き込みでアプローチしたりして連絡をとります。
後はその日のうちに実際に待ち合わせをするだけ、と非常に簡単なので、出会い系サイトなどよりもすぐに出会う事が出来るし、ダラダラと時間をかけなくてもいいので、すぐにセックスをしたいという人にとっても神待ちというのはとても便利で、体験したことがある人ならばその良さがわかるはずです。